TOP > 無垢のソファ情報 > 無垢なソファーを新たに購入するなら

無垢なソファーを新たに購入するなら

 新しい無垢ソファを買いたいときは、家まで運んでくれるお店を利用することをおすすめします。配送サービスを行うお店であれば重たい家具でも気軽に購入することができるため、一人暮らしをしている女性に最適です。
近くに良い家具店が無いときは、通販で取り寄せると良いでしょう。宅配業者が家具を室内に設置するサービスを行っているところもあるため、事前によく確認してから注文してください。通販を行っているお店ではソファ以外にもテーブルやキャビネットの販売を行っている可能性があるため、引っ越しで新しい家具を買い揃えたいときにも役立ちます。カラーやデザインも豊富なので、自室の雰囲気に合わせて最適な商品を注文することが可能です。中には送料が無料になるお店もあり、お得な買い物をしたいという場合でも利用できるサービスとなっています。


無垢素材と革張りの融合されたソファー

 リビングに存在感のあるソファを置くと、すわり心地は良くても、それだけで圧迫感を感じてしまう事もたたあります。広い一軒家のリビングならまだしも、マンションの6畳、8畳位の間取りだと、考えて選ばなければ、部屋が狭く感じてしまうかもしれません。ここ数年、無垢材をシンプルに使っている北欧家具が人気を呼んでいますが、ソファなども、北欧風に、手すりやソファの足の部分に木材を利用して、ナチュラル感を出した商品などが、人気を呼んでいます。木材と革張りを融合する事で、ゴージャス感が少しそぎ落とされて、ナチュラルで素朴な雰囲気が加わります。
今時のテイストに様変わりすると言う訳です。足がついていて、ちょっと高めに設定されていれば、更に足元部分に空間が生まれ、抜け感が出ますから尚良いかも知れません。お掃除もしやすいです。


無垢のソファーを家具に取り入れる

 ソファーは、リビングの真ん中に置かれる家具です。とても良く使われ、良く見るこの家具は、圧迫感があってはいけません。しかし、全体をほぼ完全に革や布で覆ってしまった、貼りぐるみと呼ばれるソファーではどうしても家具が大きく見えてしまい、圧迫感や存在感が生まれてしまいます。そうすると、部屋が狭く見えてしまいます。そこでオススメなのが、貼りぐるみではない、無垢のソファーです。これは、家具の骨組みが無垢材と呼ばれる材木で出来ていて、革や布で覆われていません。これにすることで、まず家具の圧迫感を無くすことができます。
さらに、貼りぐるみのものと違ってフレームの木が見えるため、木の部分の種類を選ぶことによってデザインの幅が広がります。ブラックチェリーやナラ、メープルなどが綺麗です。こうしたものを使って他の家具と樹種を統一すれば、まとまりができて良い雰囲気になります。1度試してみてはどうでしょうか。

次の記事へ